日々の出来事や雑学情報を綴ります


by ichibu36
皮膚がんが日本でも急速に増えてきている以上、紫外線(UV)対策は、もはや美容のためだけでなく、健康のためにも欠かせないものとなっています。お子さんの場合、外で遊ぶことはお子さんの精神的、肉体的な健康のためにも非常に大切なことです。紫外線(UV)は恐ろしいけれども、お子さんには元気よく戸外で遊んでほしい・・・そのためにも、お子さんに対する紫外線(UV)対策は重要です。

ちなみに、かつて母子手帳に記載があった「日光浴」は、1998年から記載を削除されるようになりました。人は生まれてから生涯を通じて紫外線(UV)を浴び続けます。幼い、よく外で遊ぶ年齢から運動を活発にする青年期に少しでも紫外線(UV)を浴びる量を少なくすることが大切です。

お子さんの肌は大人よりもずっと敏感ですから、大人の肌が弱い方用と同様、低刺激性の日焼け止め(サンスクリーン)を選ぶことが重要です。紫外線(UV)吸収剤が無配合の、「ノンケミカルタイプ」と呼ばれているものが、刺激が少ないようです。

日焼け止め(サンスクリーン)は、紫外線(UV)吸収剤と紫外線(UV)散乱剤の2種類の成分で構成されています。肌の弱い方の場合、紫外線吸収剤がまれに肌に合わない方がいらっしゃいますので、お子さんのような肌の弱い年齢の方の場合も、紫外線(UV)吸収剤が無配合のものがまだ刺激が少ないといえるかも知れません。 アトピーのお子さんの場合は、特に気をつけて肌をこれ以上刺激しないものを専門の皮膚科医師によく相談して選択しましょう。











気になること ビカッサフォース セラム ヘッドリフレッシ ャー 花蜜コラーゲン ポアトル 角質取 り ポアベースコント ロール 話題のもの レヴュー エッセ ンスイン パクト ジルスチュアート  ポアソリッドエッセンス カロチーノジェル スキンメインテナ イザー D-3 メンソレータム  メラノバスター

追伸

  今日も良いお天気。 洗濯物は乾くけれど、黄砂が心配だなぁ~・・・・・ 
[PR]
# by ichibu36 | 2009-03-18 17:46